2018-06

ハーブチンキ作り - 2018.05.18 Fri

ハーブチンキ作りとやらを今年初挑戦しました
簡単で楽しくてはまってしまいそうです♪


チンキとはハーブなどのエキスをアルコールに漬けて・・・・(ネットで調べてね)
用途もルームフレッシュナーやかゆみ止めなどハーブによって色々な効果が期待されるようです。
1805chin09.jpg
基本的に私メイドのものは飲用しないことを前提に水洗いせずに作りました。
我が家のコニワで咲いているハーブを採りフレッシュなうちにホワイトリカーに漬けるだけ! ビンは事前に煮沸消毒し、漬けこんでからは毎日上下にふりふり、暗い場所で2週間~1ヶ月漬けこみ、リードペーパーなどで濾して完成です。完成用の瓶は遮光できるような茶色タイプがベスト。一応1年間は使用OK・・・絶対にもっと長期間大丈夫だと思います。

《注意》
1 肌の弱いかたは必ずパッチテストをしてたほうがいいようです
2 アルコールですのでお子様の手の届かぬ場所で保管


【ヘビイチゴ&ミント】のチンキ
1805chin01.jpg
かゆみ止めに効くそうです。ちょっと調べてみたら市販品の数倍効果があるような!
グランドカバーに可愛くなるよ・・と、仲良しお花屋さんの地面から少しいただいたものが増えてきたので。
1805chin02.jpg




【ローズマリー】のチンキ
料理やハーブティーやリース・・・そのようなことでは使いきれないほど繁殖している我が家のローズマリーちゃんもやっと本気で役に立ちそうです。 下駄箱内の消臭やルームフレッシュナーや足湯や・・・
1805chin04.jpg



【ドクダミ&バラ】のチンキ
1805chin05.jpg
ドクダミもバラもお肌に良いそうですよね。
完成したら精製水とグリセリンで調合して化粧水を作ろうと思います。
1805chin06.jpg
ご近所さんから頂いたバラの花びらも♪珍しい八重咲ドクダミは仲良しお花屋さんからおすそ分けしていただいたものです。
ドクダミチンキは花が咲くころのものが一番良いそうで、花に美白効果がより多いらしいです。
1805chin08.jpg 1805chin07.jpg

ハーブチンキ作りを覚えたら、持て余していた草たちが宝物になりました
スポンサーサイト

山菜料理 - 2018.05.02 Wed

先日長野からの山菜「こしあぶら」と「こごみ」をいただきました。
近所のスーパーではなかなかお目にかからない逸品で 長野出身の友人のおばあ様が孫娘の為に山から収穫した春の恵です。


1805yasai03.jpg
ともにアクは少ないのですが、天ぷら分以外を新鮮なうちに塩ゆでの下処理をしました。


「こしあぶら」は天ぷらに(翌日は鰹節&梅干しのお浸しにしました)
1805yasai06.jpg


「こごみ」は白和えに(ねりゴマと味噌が私の好きな味です)
1805yasai05.jpg


そして適当に作ったこごみ&ソーセージ炒めがとても美味しくできました(オリーブオイル・ニンニク・粒マスタード・オリーブ)
1805yasai07.jpg



我が家のコニワの野ぶきもわんさわんさと食べきれないほど育っています。
1805yasai01.jpg

圧力釜で茹でられる1回分がこれくらいで、二人で食す数回分の量です。
1805yasai02.jpg
卵とじ・油あげとの煮物・きゃらぶき

20代の頃には分からなかった山菜の美味しさを今しみじみ味わっています

2018フキ味噌 - 2018.03.12 Mon

先日ひさしぶりにのんびりできる日ができ「フキ味噌」を作りました。
鶏むね肉のハムも作りました。
美味しくできちゃいました

1803hu1.jpg


ほぼ毎朝コニワ散策をしていたのでフキノトウが出て来て、蕾から花が・・・になる変化を収穫できずにいる自分にジレンマを感じる日々でした。

お料理名人の友人の発言で「フキ味噌は花が咲いても大丈夫よ!」と。 出来上がったフキ味噌を食べてみると開花前とまったくと言っていいくらいに変わりませんでした。軽く茹でこぼしもするので茎の部分も収穫し量も若干多め(笑)
1803hu2.jpg

春に春の物を食べられることに感謝感謝。
コニワありがと♪

シソジュース - 2017.07.07 Fri

我が家の大葉でシソジュースを作りました 
(レシピ割合は記事の下です)

17siso01.jpg 17siso03.jpg


昨年は収穫のタイミングを逃し虫たちに食べられ放題で作ることは断念したので
今回の完成後の試飲に大喜びの私でした。
キッチンから漂う大葉の香りにも癒さるんですよねー。


今回の収穫量は350g 大きく美しい葉っぱでした(収穫は早朝がベストです)
大葉も連作障害がでるのか数年豊作だったエリアはイマイチでしたが、
今回の場所は久しぶりの大葉だったのせいか大きく元気でした。
17siso04.jpg


*茎付きで収穫した大葉を計る *ざぶざぶ水洗い 
*お湯が湧いたら15分煮る(時々上下を返したり・・・)
17siso06.jpg


*ザルにリードペーパー敷いてステンレスボールなどに濾す
ぎゅうぎゅう絞ってもOK(赤しそはアクが多いので絞っちゃダメらしいですよね)
17siso07.jpg


*砂糖を入れ溶かす
17siso08.jpg


*クエン酸を入れ溶かす
今回はきび砂糖を使ったので色の変化はあまりないのですが、
三温糖は薄い飴色、てんさい糖はピンク色、味も少し違います。
17siso09.jpg


*冷めたら瓶詰し冷蔵庫保存
1週間くらいで飲み切ったほうがいいかもです。
(以前10日だったか・・・味は変わらないのですが濁ってきました)
17siso02.jpg


【レシピ割合】
大葉100g  水500cc 砂糖50g クエン酸7g~10g
私は酸っぱいのが好きなので↑な割合で作りますが、
普通の方は砂糖はもう少し多く、クエン酸は少なくがいいと思います。


【今回のレシピ】
大葉350g 水1750cc きび砂糖180g クエン酸35g 煮る時間15分
(私の好みは三温糖ですが、今回のきび砂糖も美味しい)

炭酸割り、お湯割りと色々楽しめますが、ストレートが一番好きです

フキ味噌 - 2017.02.27 Mon

毎年咲いてくれるふきのとうは今季2回目の収穫です。


小ぶりですが25個ほど
huki2.jpg


前回は天ぷらにしたので、今回はフキ味噌を
huki1.jpg
小ビン2つできました。

ご飯のお供や何かに塗ったり・・・昨日はパンにつけていただきました。
美味しかったです。
チーズトーストもいけそう♪

あと数個で野ぶき早春のお楽しみは終わり、
次は初夏の野ぶきできゃらぶき作りが楽しみです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

なべさな

Author:なべさな
猫が3匹いましたが現在はポコと夫ナベシゲと暮らす千葉県在住の主婦です。アクセサリーを作り 手作り市などにも出店させて頂いてます。そしてガーデニングでイチジクや葡萄、大葉などの収穫と味わいの喜びを感じています。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

工作屋 (260)
工作屋メンテナンス (11)
猫たち (193)
習い事など (27)
ムー (5)
花など (73)
フルーツ野菜ハーブなど (57)
日々のいろいろ (159)
ガーデニング (6)
工作 (66)
友達 (13)
友猫ちゃん (24)
友ペットちゃん (5)
お出かけ (90)
料理 (32)
お買い物 (15)
嬉しい頂き物 (59)
ティーコーディネーター (8)
2014 バルセロナ (15)
2013ベトナム (4)
2012クリスマスマーケット (5)
2012トルコ旅行 (8)
2010イギリス旅行 (9)
2010台湾旅行 (3)
コッツウォルズの旅2007 (24)
あみねこプロフィール (21)
あみねこ&小芝居 (63)
映画 (3)
新居 (3)
Rajuさん (4)
キリ番景品 (8)
里親募集 (3)
お知らせ (10)
未分類 (6)
リンクのページ (1)
メール (1)
2013インド (0)
2016年インド (5)
2017ニューヨーク (5)
北インドの旅 (5)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる