2010-02

旅行を終えて - 2010.02.25 Thu

初夏から秋は お花でいっぱいのイギリスですが
冬のイギリスは 花が無い!のです。 これには 正直驚きでした。
切花の価格も おっどろき~です。

ロンドンで見かけた外のお花は 素敵なホテルの入り口に
コニファーとガーデンシクラメンの寄せ植えがある程度でした。
(館内にはもっとあるのでしょうが)
個人のお宅のベランダでも コニファーが少しで
ほとんどのお宅は 何も外にはありませんでした。

考えれば 外にお花が無いのは当たり前ですよね。
雪が少ない場所とはいえ 凍えるような外に植木鉢などは可愛そうですものね。

千葉市の我が家には ロンドンの数十倍のお花が咲いています。
花の季節のイギリスの花々は 色鮮やかで見事で・・・憧れいっぱいになるけれど
冬の花を愛でる事のできるこの地に感謝です。
ナベシゲのお父さん、お母さん、この土地をありがとう 
(義両親はすでに天国在住です)


***** おわり *****



***** おまけ *****

パワーアップした虹子(自称マジシャン)が 何かやりたいらしいので
見てください。
上手くいったら 拍手喝采をお願いいたします(爆)

1b
「 ロンドンの2階建てバスだわさ。
これに乗らなかったのが 悔やまれるだわさ。」



1a
「 ピンクの布で全部おおうだわさ。
あたいが この金のステッキを振り下ろしたら・・・驚くだわさ。覚悟はいい? 」

ダダダダダ~~~(小太鼓の音) 

「 えいや~~~ 」






1c
「 どう? あたいってすごいでしょ? 」
皆を 気分だけでも ロンドン観光させてあげたかったみたいです。
虹ちゃんは 優しい子です。
マジックに付き合わされた皆は 銀のステッキを頭に刺され いい迷惑?(爆)
スポンサーサイト

2月のロンドン 2 - 2010.02.24 Wed

少し間が空いてしまいましたが ロンドンの写真をもう少しお付き合いください。


今回は 駅にスポットを当てました。 数駅ですが写真を見てください。
ロンドンの地下鉄は 日本の大きな地下鉄を利用する方ならとっても簡単です。
最近では日本語を選べる自動販売機もあるので 私にとっても安心です。
今回私が購入したチケットは 地下鉄&バスが1日乗り放題の
1DAYトラベルカード(6.8ポンド)です。
エリアと時間の制限はありますが、観光客にさほど不便はなさそうです。
地下鉄に1回乗るのに4ポンド(640円)かかるので
ほとんどの人はこれを購入するみたいです。 1ポンド160円で換算



『 ラッセルスクエア駅 』
宿泊ホテルはこの駅を利用しました。(大型のエコノミーホテルです)
大英博物館にも近く コンビニやスーパーも近くで便利でした。

20

21



『 レスタースクエア駅 』
ナショナルギャラリーや劇場がたくさんあるエリアです。
この入り口は 東京の地下鉄の入り口みたいですよね。
22


『 ホルボーン駅 』
ホームに路線図があるので 安心です。
昔は ロンドンの地図と東西南北を頭に入れて ○○方面・・・と
考えながらホームを見つけていたみたいです。 私には絶対無理です。
23



『 リバプールストリート駅 』 念のために、ビートルズのあのリバプールとは違います。
裏口?? 反対側の入り口は 人と車で賑わっていました。
地下鉄と鉄道の両方ある駅です。
24

25

26
地下鉄への出入り口

27
鉄道の改札(地下鉄と同じみたい)


『 ノッティングヒルゲート 』
ポートベロー蚤の市への 最寄り駅です。 
1960年代にタイムスリップしたようなワンシーン(彼)にパチリ
28

2月のロンドン 1 - 2010.02.16 Tue

冬のイギリスは 暗い時間が多いです。
この旅の1月下旬から2月初旬は ぎりぎりセーフで観光に支障がなかった・・かな。
朝の7時はまだほの暗く 7時半くらいから明るくなっていました。
そして夕方は5時半くらいまでは なんとか明るかったです。
人がたくさんいるエリアなら もう少し遅くても一人歩きも大丈夫だと思います。


『 フォートナム&メイソン 』

11
今回のウィンドウは バレンタインのようです。
F&Mの店内に入ると テンションが上がり疲れも吹き飛んでしまいます。
リーフティーは日本でお気に入りを買っていますが
ティーパックは ここでガッツリ買いました。
素敵な絵柄の缶に惹かれレモンピールのクッキーなどを。
ああ、ナベシゲがいたら もっともっともっと 他の場所でももっともっと買えたのにな。ボソ




『 衛兵交代 』

12
暖かなシーズンは赤い制服ですが 冬はグレーのこのコートを着ています。
熊毛の黒い帽子は 動物保護の観点から イギリスでの製作はもうないそうです。
人工毛なども試したらしいですが 雨になると相等重くなるそうで却下。
結局ヨーロッパの某所から輸入するらしいです。
この帽子、一見みな同じに見えますが ひとつひとつ手作りなので
形や高さもさまざま(?)でした。



『 大英博物館 』
可愛いもの美しいものにスポットを当てました。
数点ですが見てください。

13
階段手すりの飾り 一重のバラ

14
ナポレオンを描いた宝石付きのカメオ

17
猫(エジプト)

15
羊の型をした石のパレット(エジプト)
このパレット上で顔料を溶かし お化粧をしたそうです。

16
メソポタミア文明エリアにあった壁画の一部です。
手首のお花ブレスレットや 小さなバケツ(?)がかわいい。
模様の様に見えるのは 楔形文字です。



『 トラファルガー広場 』
ナショナルギャラリー前にあるこの広場では 
大道芸人や見物人などで多くの人がいます。(大道芸人は少なめかな)

ナショナルギャラリーで レオナルド・ダ・ヴィンチの大きなカルトン(画稿)を見てきました。
美術館の中の絵画は色でいっぱい・・・セピア色の紙と木炭の黒が
疲れた体にここちよかったです。

18


19
虹 「 あたいも・・・
虹ちゃん、お疲れ様。 私も寒さと疲れでダウンしそうよ。

冬のコッツウォルズ 5 - 2010.02.15 Mon

解明されていない事も多いこのストーンヘンジは、
はたしてパワースポットなのか!?

前回来たのは 9月下旬で 雰囲気的には この写真とほぼ同じでした。
今回の希望としては 大寒波があったことですし 
風のピュ~~音と共に雪が舞うストーンヘンジを見たいと思っていたのです。
到着前のバスの中は まぶしい日差しが差し込んでいました。



『 ストーンヘンジ 』

02
バスから降りると 日差しはあるのに 空気が冷たかったです。
周りは草原だけ。
風がピュ~~~ピュ~~と鳴っていました。


01


03
写真をクリックすると大きくなるので 中央の虹を見てね。

ツアーの方に虹子を紹介しました(爆)
「虹子のニジは レインボーの虹なの」と。
ふと、見ると ナ・ナ・ナント 虹が出ているではありませんか!
驚きでした。 ミラクル??


05
そしてまもなくすると 2mmほどのアラレが降り どんどん激しくなってきたのです。
ミラクル??
念願の 雪の中のストーンヘンジです。


04
虹 「 あたいのミラクルパワーってすごいだわさ 」
な 「 いや、いや、このミラクルはストーンヘンジのおかげだと思うな~ 」

冬のコッツウォルズ 4 - 2010.02.14 Sun

コッツウォルズは ロンドンより気温が低いので 雪が降るかな~ 
雪の風景も見たいな~ と、思っていたのですが
気温3℃前後で 雪の気配はありませんでした。
バスの中では 暑い日差しを受けることもありました。
やはり通常より 気温は高めだったようです。


『 バース 』 写真をクリックすると少し大きくなります。
お風呂の語源になった場所。


10
バース寺院
両端にハシゴのようなのが分かりますか?
天使が上り下りしているんですよ(ヤコブの梯子)
。 
他も可愛らしい部分がたくさんある寺院です。
信者の方にとっては違う見方があるのでしょうから、ごめんなさい。

11
このハートも足も何か意味があるのでしょうね。

12
虹子、どうしたの? 天使さんでも見えたのかな??


13
貴族のようなワンちゃん発見!


14
虹ちゃん、落ちないでよ~。
「エイボン川の流れに吸い込まれそうだわさ」

15
下に下りる階段もあって散策する地元の人も多いです。
虹子が上から見ていた場所は 右上の赤いバスのあたりです。


16
ロイヤルクレセントのお庭にあった 「イングリッシュホーリー」
痛そうだけど くっきりしたと白が美しいこと!



17
トチノ木かな? で~んとしていてたくましかったのでパチリ

冬のコッツウォルズ 3 - 2010.02.13 Sat

2007年の旅では、あみねこのカンちゃん&ジル村さんと旅をしましたが
今回は あみねこの虹子を連れて行きました。
自称マジシャンの虹子ですので(爆) この旅で更なる飛躍が期待できる・・・かも。
寒いイギリスなので首には 猫友のミーヨさんが以前作ってくれた白いマフラーを巻き
お守りとして 猫友のぽぽんたさんから以前頂いた
食いだおれ太郎のアクセサリーを付けています。



『 ビルズレーマナー 』 クリックすると写真が少し大きくなります。
ストラトフォードアポンエイボン近くのマナーハウスに一泊しました。

01

真っ暗な時間に到着し 翌朝の出発も8:30だったので
素敵なお庭や周りを堪能できなかったのが残念でした。
で、で、で、 このお屋敷の階段の狭さには皆さん苦戦していました(汗)
横幅1mほどの細い階段で しかもラセン階段のようで
重いスーツケースをボンボン壁にぶつけてしまいました。 
こちらのマナーハウスは小さめなお屋敷なのでしょうがないですよね。
おまけに、迷路ちっくなので 時間に余裕を持ってお部屋を出たほうがいいです。


02
たぶん夏には ここでアフタヌーンティーや結婚式なども行われるのでしょうね。
こちらの朝食は 簡単なタイプのイングリッシュブレックファストです。
イギリスのソーセージが苦手な私ですが、こちらのは美味しくいただきました。
そしてトースト(イギリスは、とっても薄いです)は、味がよかったです。


04
庭の出入り口は、ワンちゃんのトピアリーがありました。
こちらのオーナーは きっと犬好きなのでしょね。
フロントにも犬の絵がありましたから。


03
キレイに刈り込まれたトピアリーのあるお庭。



部屋の中は、普通にきれいです。
同じようなツアーでこのホテルを検索する人(私もその一人)の為にも
写真をUPしておきます。
05
私は一人でこのベッドでしたが 二人だとどうなのでしょう・・・同じかも
時計付きのCDプレヤーがありました。

06
ドライヤー・電気ポット・紅茶などのセットもありましたが 紅茶類はいまいちです。

07
アメニティーセット(シャンプー・コンディショナー・バスジェル・石鹸・シャワーキャップ)
どれも香りがよく私の髪に合いました。
石鹸は私好みの香りだったので ロンドンのホテルで使う為に
持ち帰ろうと思ったのに忘れました。 
ロンドンに着き 結構ショックでした。 
話が少しそれますが クチコミでロンドン3連泊のホテルは アメニティーが
しょぼい石鹸しかないとか。 それは本当だったのです。
それから、このマナーハウスは お湯をたっぷりと一度に使うと
次の方の分がお水になるかも・・・です。
1週間の旅はトイレとお風呂のルールが重要ですよね。

冬のコッツウォルズ 2 - 2010.02.11 Thu

そうそう、旅行の時期も自分メモとして書きとめておきます。

1/27(水)~2/2(火)の5泊7日
ヨーロッパ全土に大寒波が襲った頃でしたので 出発できるのかドキドキでした。
イギリス在住の方のブログやイギリスの天気予報を見たり。
でも一番分かりやすかったのは、出発の数日前に 
ロンドン市内の男の子の映像があり トレーナーだけで自転車に乗っているものでした。
これで持参する洋服の厚みが薄くなりました。
言うまでも無く 旅行のためにユニクロのヒートテックTシャツとタイツは買いましたよ~。




『 ストラトフォード・アポン・エイボン 』
シェイクスピアが生まれ育ち 最期を迎えた場所です。


04
シェイクスピア作品「お気に召すまま」のピエロの銅像


02
いい感じの図書館です。
入り口を見ていたら利用者は結構多いみたいです。
隣にシェークスピアが生まれ育った家と 関連建物がありました。


07
シェークスピアが生まれ育った家です。 かなりの趣があります。

↓ 中央部分を拡大しました。
家の壁はこのように造られているそうです。(本物です)
08
ここの村(町)の昔ながらの建物は、傾き方がはんぱではないのです。
いくら地震がおこらない国とはいえ 百年後は存在しているのか心配になりました。



03
もうすぐ夕方の4時・・・下校する若者がたくさん歩いていました。
制服のようなものを着ていました。



05
イギリスは 細い川(運河)が多く ナローボートという細いボートで旅行などを楽しむようです。
この場所も ナローボートを含むボートがおやすみしていました。
寒い寒い冬ですもんね~。



06
チョコレートのお店です。
ナベシゲへのバレンタインチョコは、ここでコレを買いました。
この時期のイギリスは バーゲンセールをしているお店がたくさんありましたよ。

冬のコッツウォルズ 1 - 2010.02.08 Mon

今回のイギリス旅行は 23人のパックツアーに私は一人参加してきました。
一人参加は 私を含め5人。 23歳の女性から80歳台の男性。
母&娘が3組  母&息子が1組 女性友人が2組 男性友人が2組
意外にもご夫婦は1組だけでした。


到着日は ロンドンに1泊し 翌日から二日間コッツウォルズをバスで巡りました。
(バイブリー、ボートンオンザウォーター、ストラドフォードアポンエイボン、
バース、ストーンヘンジです )
イギリスは今回で5回目ですが 真冬のコッツウォルズは初めてなので
葉っぱが無くなった木々や 花の無い庭や 雪の風景に出会えることを期待して行きました。

参考に以前のイギリス旅行レポ もしよかったら見てください。
(昔作ったHPなので、リンク切れが少しあります)
2007年のは、左のカテゴリーから見れます。



『 バイブリー 』
1800年代に活躍した テキスタイル(主に)デザイナーのウィリアム・モリスが
お気に入りだった場所です。
私も彼のデザインが好きで 我が家のカーテンなども「柳の木」にしました。

2
スワンホテル前のこの場所は 夏にはお花で囲まれています。


11
グレーの部分は お花の苗なのでしょうね。
奥の池は 虹鱒の養殖場です。



5
ここの4軒のお宅は、夏はバラなどたくさんのお花でいっぱいなのですが
さすがにこのシーズンは お花はほとんどありませんでした。
でも、コニファーや木の選定が美しくされていました。




『 ボートン・オン・ザ・ウォーター 』 写真をクリックすると大きくなります。

7
小さな川沿いに ティールームや雑貨屋さんなどが並んでいます。
夏の観光客の多さを考えると この村は冬も案外いいかもしれません。


10
葉っぱのない柳も いい感じです。


6
レストラン2階から外を眺めるワンちゃん。すごく可愛かった!


8
中央のティールームでランチを食べました・・・・味はあまりお勧めしません。


9
車両通行止めに使うかのような(違うと思うけど) 
重たい台形の石に鉄の引っ掛けがアンティーク風で 気になりました。

冬のイギリス - 2010.02.04 Thu

ちょこっと冬のイギリスに行ってきました。
1

後日他の写真UPしますので見てね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

なべさな

Author:なべさな
猫が3匹いましたが現在はポコと夫ナベシゲと暮らす千葉県在住の主婦です。アクセサリーを作り 手作り市などにも出店させて頂いてます。そしてガーデニングでイチジクや葡萄、大葉などの収穫と味わいの喜びを感じています。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリ

工作屋 (207)
工作屋メンテナンス (7)
猫たち (192)
習い事など (22)
ムー (5)
花など (70)
フルーツ野菜ハーブなど (55)
日々のいろいろ (144)
ガーデニング (6)
工作 (66)
友達 (13)
友猫ちゃん (24)
友ペットちゃん (5)
お出かけ (87)
料理 (28)
お買い物 (15)
嬉しい頂き物 (58)
ティーコーディネーター (8)
2014 バルセロナ (15)
2013ベトナム (4)
2012クリスマスマーケット (5)
2012トルコ旅行 (8)
2010イギリス旅行 (9)
2010台湾旅行 (3)
コッツウォルズの旅2007 (24)
あみねこプロフィール (21)
あみねこ&小芝居 (63)
映画 (3)
新居 (3)
Rajuさん (4)
キリ番景品 (8)
里親募集 (3)
お知らせ (10)
未分類 (5)
リンクのページ (1)
メール (1)
2013インド (0)
2016年インド (5)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる